2015年10月 8日 (木)

OPPシール

突然ですが、もし事故や事件・火災を目撃して、110・119番通報するとします。
そして、あなたは電話の向こうにいるオペレータにその発生場所を素早く正確に告げることができますか?
住所が書かれた看板や近くのお店などの目標物を必死に探して伝えても、私も通報したことがありますがなかなかすぐに伝わらないものです。
(時にはオペレータがわざと分からないふりをしているのではと思うくらい。)

 でも、そんな時に活躍するのが標識に貼られている青いシールです。
 このシールには上3桁、下5桁の数字が書いてあって、電話でこの数字を伝えると一発で場所が伝わります。

Dvc00202


しかし、運用の開始から時が経ち、シールも劣化していて何が書いてあるか分からない物も。

結構、このシールは頼りになるので、ちゃんとメンテして欲しい。

2015年10月 7日 (水)

河内長野市の人口も減少中!!

河内長野市の人口が月に100人以上減少している。
このままでは、市の人口が10万人を切るのも時間の問題。

河内長野市では、若い人への住宅費用の援助を支出して人口増をもくろんでいるが、全然効果無し!!
それもそのはず、河内長野市内にもその周辺にも求人は少ない。
だからと言って、大阪市内に通勤するといっても最近の求人は、交通費が1万円までとか2万円までとかというのが多い。
これでは、難波までの電車代どころか、自宅から最寄りの電車の駅までのバス代だけで交通費が飛んでしまう。

住宅費用の援助よりも、この通勤費の補助を検討した方が良いのでは?

2014年11月 3日 (月)

延命寺の紅葉

連休3日目の今日は天気がまずまずだったので、延命寺に出かけました。

紅葉にはまだ早かったのですが、一部では紅葉が始まっており、延命寺の参拝にいい季節になりました。

Fsf_6988

 参拝されている人も、多かったように感じました。

 紅葉の見ごろには、まだ早いのですが、色づき始めている木々があり、桜などはもうほとんど落葉しています。

 私は柿の葉の紅葉も、きれいで好きです。






Fsf_6996

 左の写真にある机が、延命寺の休憩所に置かれていました、思わず懐かしくなって撮影しました。

 小さくかわいらしいサイズ、小学生の低学年の子が使っていた机なのかもしれません。

 思わず、机にイニシャルを彫りたくなりますね。




延命寺では、2014年11月16日(日曜日)にコーヒーやお菓子・野菜などの販売イベントがあるそうです。

2014年9月 6日 (土)

エボラウィルスをテロリストが狙っている? バイオテロが発生する?

非常に致死率の高いエボラウィルス。

これを使ってテロを起こす計画を、アルカイダなどの国際テロ組織が検討しているのでは?

しかし、エボラウィルスは空気感染しないので、バイオテロを計画するのであれば、他のウィルスを使用した方が効果的という意見があります。

 しかし、注目したいのが、高い致死率とエボラ感染者の死に様です。

憎いアメリカ人と西洋人、異教徒であるキリスト教徒に”血の涙”と”血の汗”を流させて苦しみを味あわせて死を与える、ジハードにふさわしいと考えるでしょう。

 今までのエボラウィルスは、狭い地域で封じ込めもしやすく、外部からエボラ発生地域への侵入に対する防御もしやすかったと思いますが、今回の西アフリカの発生状況から封じ込めも難しく、外部からのエボラ発生地域への侵入とウィルスの持ち出しを完全には防げないでしょう。
 自爆テロも躊躇なく実行するテロリストにとって、自分がエボラに感染してバイオテロを実行する事にも躊躇しないでしょう。

手順は以下の通りかもしれません。(エイズと同じ方法。)

  • ジハード戦士の志願者を西アフリカに送り込み、エボラウィルスを持ち帰らせる。
  • エボラに感染した戦士とさらに多くのジハード戦士の志願者が、性行為することで感染する。
  • エボラに感染したテロリストは、ターゲットとなる国に入国し、できるだけ多く女性は売春・男性は買春することで、感染を広める。(無理やり、レイプすることもあるでしょう。)
  • エボラに感染したテロリストが献血する、後にそれを輸血されたら感染。
    血液センターの血液が使用不能になる、献血時のチェック項目・リスク増大でコスト高に。

 また今回、エボラウィルスを持ち出し、すぐには使用せずに生きた人間に、次々に感染させてエボラウィルスを保管し続けて、世界がエボラウィルスを忘れて無防備になった頃に世界の大都市で売春婦を使ってエボラウィルスのパンデミック(感染爆発)を起こさせるかもしれません。

2014年7月14日 (月)

水曜どうでしょうが面白くなくなってきた。

北海道TV局の番組、「水曜どうでしょう」が面白くなくなってきたように思えます。

どうでもいいことに、いい大人が必死になって取り組むばかばかしさが面白い番組ですが、最新のアフリカやもうひとつ前の物もどこかつまらない。
 Youtubeで昔の水曜どうでしょうを見ると、やはりその差を感じてしまう。

 私なりに原因を考えたのですが、きっとロケに参加するスタッフの人数が多くなりすぎているのではないかと思います。 (他に大泉さんが売れっ子タレントになったという関連の問題もあるでしょうが。)
 昔はミスターさん、大泉さん、藤村D、嬉野Dの4人(四国88の参拝では多くの回で、ミスターさんがいない3人)でした、低予算で作成するからこそ放送回数も適切で、毎回の放送が面白かったのでしょうが、アフリカでは撮影データのバックアップ担当とか、いろんなスタッフが同行したそうです、結果制作費用が高くついて、1回1回の放送内容を薄くしても放送回数を多くしなければ採算が合わないようになってしまったのではないでしょうか。

 またミスターさん、大泉さん、藤村D、嬉野Dの4人だからこそ、深夜バスの過酷な旅やロケ中にカメラマン(嬉野D)が居眠りするシーン・タレントとスタッフがマジで喧嘩するシーンが出てくるなど、面白さが出てたように思います。

 私もどうでしょうファンです、大人の事情があるとは思いますが、ぜひ昔のように4人で番組を作ってほしいと思います。

2014年6月17日 (火)

寺ヶ池に亀が大繁殖!?

寺ヶ池に行ってみるとやはり6月は水が満水状態。

以前の寺ヶ池ではブラックバスやブルーギルの泳ぐ姿があちこちで見られたのですが、今回は確認できずに代わりに大きな鯉や亀の泳ぐ姿をたくさん見ることができました。

 特に亀はすごい数、それも夜店で売られているおなじみのミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)ばかり。
 人が近づくと餌をもらおうと近づいてきて、人が歩き始めるとついてきます。

寺ヶ池の生態系はほぼ完全に外来種に制圧されたようです。

そのうち、寺ヶ池にワニガメやピラニアも住み始めるかもしれません、そして水中だけでなく陸地でも外来種の猛毒の蛇・ニシキヘビの様な大型の蛇も住み始めるかもしれません。

 以前、私は寺ヶ池で釣りをしている夢を見たのですが、夢の中で釣りをしていると池の中から大きなワニが現れて襲われそうになりました。(夢だから良かった。)

 みなさん、ミドリガメもそうですが、飼えなくなったからといって外来の生き物を山や池・川に離してはいけませんよ。

Fsf_6728

2014年6月10日 (火)

珍しいお客さん(蛍)が、我が家の窓に来てくれました。

2014年6月9日の夜、暑いので窓を開け網戸は閉めて夜風を招き入れていると、

窓の方から「カサカサ」と音がしました、私は蛾かなにか嫌な虫が飛んできたと思って追い払おう窓に近付くと・・・。

な、な、な、なんと網戸で緑色の光が、力強く点滅しているではありませんか!!

田舎に住んでいる私でも、久しぶりに見る蛍です!!

それも、大きな蛍です。

写真だけ撮らせてもらうと思って、捕まえると蛍は足を全部縮めて動かなくなり、なんと死んだふりをするではありませんか!(でもおしりの光は消えていないので、死んだふりには全然なっていない。 )

 その後、家族にも蛍を見せたあと、「また来てね」と言って逃がしてあげました。

 蛍を一生懸命に追いかけた、子供の頃の懐かしい思い出がよみがえるひと時でした。

Fsf_6626

続きを読む »

2014年5月17日 (土)

延命寺の鐘。

”延命寺の鐘はついてはいけません。”となっています。

私は鐘の音が好きなのですが、我慢するしかありません。

しかし、以前に午前6時ごろ延命寺周辺を通った時に鐘の音が鳴り響いていました。
おそらく延命寺で時報のように鐘がつかれているのだと思います。

最近、河内長野市の防災無線から午後5時になると、おなじみのメロディーが流れます。
でも、やはりお寺の鐘の方が情緒があっていいと思うのです。

話は変わりますが先日、久しぶりに滝谷不動尊にお参りに行ってきました。
こちらのお寺の鐘はついてもOKなので、お賽銭を入れて鐘を1回つきました。
本当に久しぶりに鐘をつき、間近で鐘の音を聞くことができてうれしかったです。

F10001212

続きを読む »

2014年5月11日 (日)

子供の頃の思い込み。

私は子供頃から、サクランボが好きでした。

そして、近所の桜の木の花が散って後にできる(下の写真にあるような)小さな実ができているのを見て、それがサクランボになると信じて待ちました。
 でもすぐにその実は落ちてしまって、お店に売っているようなサクランボにならずにいつも悲しくなっていました。「きっとTVで放送されていた農家の人たちのように、ちゃんとお世話をしないから落ちてしまうのだろう。」と子供心に思っていました。

 すこし月日が経ってから、サクランボはサクランボの木でないとできないことを知りました。

今私の家の庭には、サクランボ・ブルーベリーなどの木がありますが、ちゃんとお世話をしていないので実のなる数が少なく、また野鳥に食べられてしまうのですぐになくなってしまいます。

 生活に余裕が出て、これらの木のお世話をちゃんとして毎年サクランボ・ブルーベリーの収穫を楽しめるようになればと思うのです。

Fsf_6480

続きを読む »

2014年5月 4日 (日)

延命寺は新緑がまぶしいです。

D80_1748

5月に入り、新緑がまぶしくなってきました。

紅葉で有名な延命寺ですが、今は新緑がとてもきれいです。
ぜひ、見に来てください!!

 紅葉はその年によって多少の当たり外れがあるのですが、新緑はこれがありませんので毎年のこの時期に新緑を楽しみに来てみてください。

 一つ注意点としてこの時期に限らないのですが、木の上から毛虫がぶら下がっていることがあり、知らない間にこの毛虫が頭や首筋がくっついて「もぞもぞ」することがあります。

続きを読む »